ご利用の地域
未設定

地域変更

MY J:COMトップ > テレビ番組情報(J:COM) > J:COMオンデマンド > チャンネル!オンデマンド > クラシカ・ジャパン

クラシカ・ジャパン

日本唯一のクラシック音楽専門チャンネル。
ヨーロッパの最新公演を中心に、話題のコンサート、オペラ、バレエ、ドキュメンタリーを毎日24時間放送。
※ご視聴には、クラシカ・ジャパンへのご加入が必要です。

※スタンダード・スタンダードプラス加入者限定でご視聴いただけます。

該当する作品が14あります

14件中 1-14 件表示

  •  
    • ハンブルク・バレエ『クリスマス・オラトリオ』

      イエスの降誕を祝うJ・S・バッハの名曲に振付けたシンフォニック・バレエ。6つのクリスマス礼拝用カンタータで構成。1973年より現在まで長きにわたりハンブルク・バレエ団芸術監督を務めるジョン・ノイマイヤーは、現代最高の振付家の一人。この作品ではバッハの音楽と共に踊られるダンサーたちのエモーショナルなパフォーマンスに心奪われること必至。

    • ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送響『シベリウス:交響曲第1番』

      気鋭の指揮者ハンヌ・リントゥと、彼が首席指揮者を務めるフィンランド放送交響楽団による「シベリウス交響曲全集」より第1番。作曲された当時の世界情勢や歴史的背景を解説するドキュメンタリー、ゆかりの地を訪ねたリントゥの楽曲解説、そしてヘルシンキ・ミュージック・センターで収録されたリントゥ指揮フィンランド放送響のリハーサル&コンサートという三部構成。

    • クリスチャン・フェラスのストラヴィンスキー『ヴァイオリン協奏曲』

      1933年フランス生まれのヴァイオリニスト、クリスチャン・フェラスは、その高度なテクニックと温かな音色が持ち味。このストラヴィンスキー唯一のヴァイオリン協奏曲では、幼少時より華々しいキャリアを築いてきたフェラス30代の黄金期の演奏姿を見ることができる。日本の音楽界に多大な貢献をした指揮者ジャン・フルネ50代の姿にも注目。

    • ムーティの友情の道プロジェクト2015

      ラヴェンナ音楽祭により1997年に創設された友情の道プロジェクトは、リッカルド・ムーティ指揮の下、さまざまな対立や幾多の悲劇によって傷付いた場所で毎年コンサートを開催。2015年は、イタリア南部プーリア州の町オトラントで開催。公演では多種多様な宗教の楽曲が演奏された。まさに音楽が異なる宗教の架け橋となったコンサート。

      • 新着
    • ヴェルビエ音楽祭2015「エドガー・モロー&ジュリアン・クェンティン」

      1994年生まれの若きチェリスト、エドガー・モローの瑞々しいチェロ、室内楽での活躍も目覚しい鬼才クェンティンの透明なピアノが感動と興奮を巻き起こした。若きブラームスの暗い情熱がこもったチェロ・ソナタ第1番ほか、2人の若きパリジャンの煌く感性が眩しいロマン派と20世紀フランス音楽の旅。フォーレの有名な『夢のあとに』までお見逃しなく。

      • 新着
    • ラファウ・ブレハッチ「ヴェルビエ音楽祭2008」

      2005年ショパン国際ピアノコンクールでは、1975年のクリスティアン・ツィメルマン以来のポーランド人の優勝。さらにマズルカ賞、ポロネーズ賞、コンチェルト賞、ソナタ賞といった各賞を総なめにした1985年ポーランド生まれのラファウ・ブレハッチ。この番組はコンクールから3年後の2008年、当時まだ23歳、若きブレハッチのヴェルビエ音楽祭でのリサイタル。

      • 新着
    • ブレゲンツ音楽祭2011『アンドレア・シェニエ』

      フランス革命に翻弄された実在の詩人シェニエと伯爵令嬢の悲恋を全編美しいアリアで散りばめた、イタリアのオペラ作曲家ジョルダーノの最高傑作。オーストリアのブレゲンツで毎夏行われるブレゲンツ音楽祭より、キース・ウォーナーによる湖上の巨大ステージのアクロバティックな演出が話題を呼んだ2011年の新制作。湖上ステージで今、大スペクタクル歴史劇の幕が開く!

    • ブッフビンダー「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」Vol.4

      ザルツブルク音楽祭の長い歴史の中で、初めて実現したベートーヴェン「ピアノ・ソナタ全曲演奏会」。7日間にわたって演奏したのは、「ウィーンの伝統を受け継ぐピアニスト」として知られるルドルフ・ブッフビンダー。彼は作曲年代順ではなく、書かれた時代や楽曲のキャラクター及び調性を1つのコンサートの中に俯瞰する形で選曲し、その新感覚の演奏は称賛された。

    • クラシカ・音楽人<びと> 特別編「クリスティアン・ティーレマン ザルツブルク・イースター音楽祭とカラヤンを語る」(後編)

      音楽に身も心も捧げる人間の本音に、クラシカ・ジャパン独自の切り口で迫るインタビュー番組。6月と7月は特別編として、2017年に50周年を迎えたザルツブルク・イースター音楽祭芸術監督の指揮者クリスティアン・ティーレマンが登場。インタビューの実現自体が困難なティーレマンの貴重な映像。インタビュアーはオーストリアのジャーナリスト、バーバラ・レット。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ダニール・トリフォノフ「ヴェルビエ音楽祭2013」

      1991年ロシア生まれ。2010年第16回ショパン国際ピアノコンクール第3位、翌年5月にルービンシュタイン国際コンクール第1位、その数週間後、第14回チャイコフスキー国際コンクールで第1位及び全部門のグランプリに輝いたダニール・トリフォノフ。進化し続けるトリフォノフ20代前半の「今、この瞬間」を見ておきたい。観客も熱狂の嵐、大興奮の渦。圧巻の番組。

    • バレンボイム70歳バースデー・コンサート

      指揮者にしてピアニスト、ダニエル・バレンボイム70歳の誕生日を祝うコンサート。オーケストラは手兵シュターツカペレ・ベルリン。指揮はズービン・メータ。バレンボイムは、この公演ではピアニストとして、ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第3番』とチャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番』を演奏。観客には家族の他、ピエール・ブーレーズやアンナ・ネトレプコの姿も。

    • BBCプロムス2016「バレンボイム&アルゲリッチ」

      ロンドン夏の風物詩「BBCプロムス」から巨匠ダニエル・バレンボイムとウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラによる公演。マルタ・アルゲリッチのリスト『ピアノ協奏曲第1番』は必見。全4楽章が切れ目なく演奏される技巧的で華やかな楽曲はアルゲリッチとバレンボイムという、共にブエノスアイレス出身で齢を重ねた2人の個性によって紡がれていく。

    • クラシカ・音楽人<びと> 特別編「クリスティアン・ティーレマン ザルツブルク・イースター音楽祭とカラヤンを語る」(前編)

      音楽に身も心も捧げる人間の本音に、クラシカ・ジャパン独自の切り口で迫るインタビュー番組。6月と7月は特別編として、2017年に50周年を迎えたザルツブルク・イースター音楽祭芸術監督の指揮者クリスティアン・ティーレマンが登場。インタビューの実現自体が困難なティーレマンの貴重な映像。インタビュアーはオーストリアのジャーナリスト、バーバラ・レット。

      • PC/スマホ・タブレット
    • クラシカ・音楽人<びと> 「アーティストとの二人三脚 -ジャスパー・パロット」

      チャンネル独自の視点で、音楽に身も心も捧げる話題の音楽人の本音に迫る。パーヴォ・ヤルヴィやアリス=紗良・オットなど多数の人気アーティストを抱える世界最大手エージェントの一つ「ハリソン・パロット」のエグゼクティブ・チェアマン、ジャスパー・パロット氏が登場。普段ほとんど表に出ないエージェント会社のトップの珍しい独占インタビュー。

      • PC/スマホ・タブレット

    チャンネル一覧に戻る

    ページトップへ

    J:COMオンデマンドの作品を検索

    詳細検索

    J:COMオンデマンドとは

    J:COM TV加入者ならお申し込み不要で楽しめるJ:COMオンデマンド。最新作・話題作が怒涛の約60,000本!

    • いつでも24時間見たいときにすぐ見られます。
    • 何度でも視聴可能時間内なら繰り返し見られます。
    • 返却不要もちろん延滞料金の心配もありません。

    たくさん見るならメガパック!

    アニメやドラマなど連続もの
を見るなら!メガパック月額933円(税抜)で5,000本以上の対象作品が見放題!

    スマホやタブレットで見るなら!

    オンデマンドを外に持ち出そう!チャンネルアプリも続々!J:COM TVスタンダードプラス/J:COM TVスタンダードご加入者限定で無料!

    • WATCHディズニー・チャンネル
    • WATCHディズニージュニア
    • GOLF NETWORK PLUS
    • FOX PLAY

    J:COMのTVサービスについて

    キャンペーン・お得な情報

    作品の表示設定

    R18作品を表示

    成人向け(アダルト)作品を表示