ご利用の地域
未設定

地域変更

MY J:COMトップ > テレビ番組情報(J:COM) > J:COMオンデマンド > チャンネル!オンデマンド > クラシカ・ジャパン

クラシカ・ジャパン

日本唯一のクラシック音楽専門チャンネル。
ヨーロッパの最新公演を中心に、話題のコンサート、オペラ、バレエ、ドキュメンタリーを毎日24時間放送。
※ご視聴には、クラシカ・ジャパンへのご加入が必要です。

※スタンダード・スタンダードプラス加入者限定でご視聴いただけます。

該当する作品が12あります

12件中 1-12 件表示

  •  
    • パリ・オペラ座バレエ2011『コッペリア』

      古典の新演出で独自の世界を表現してきたパトリス・バール振付&演出による2011年パリ・オペラ座バレエ公演。古典とは異なる微妙な三角関係に目が離せない。コール・ド・バレエの溌剌さも魅力的。有名なマズルカをはじめ、全編を彩るドリーブの音楽がドラマティック!古典版の第3幕ディヴェルティスマンはカット。賛否両論のラストシーンまでお見逃しなく。

    • シャンボール城の『水上の音楽&王宮の花火の音楽』

      フランスのロワール渓谷に点在する城の中で最大の広さを持つ世界遺産のシャンボール城。その美しいファサード前で演奏された野外コンサート。4000人を超えた観客は、城の最も美しいファサードを後方に見ながら、広大な牧草地で毛布に包まれ夕食というピクニック気分。ラスト17分間、華やかに打ち上げられる花火とバロック音楽の饗宴は圧巻。

      • 新着
    • チェコ・フィル2012「オープニング・コンサート」

      21世紀のチェコ・フィル新時代を告げる、ビエロフラーヴェク復帰後初のコンサート。収録は、チェコ・フィルの本拠地ドヴォルザーク・ホール。プログラムはベートーヴェンの『運命』、マーラー若き日の歌曲、そして村上春樹の小説「1Q84」で人気となったチェコの作曲家ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」。いずれもチェコ・フィルの十八番といえる演目。

      • 新着
    • ブッフビンダー「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」Vol.6

      ザルツブルク音楽祭で初めて実現したベートーヴェン「ピアノ・ソナタ全曲演奏会」。演奏は、「ウィーンの伝統を受け継ぐピアニスト」ルドルフ・ブッフビンダー。プログラムは、若々しい青春の雰囲気に満ちた第11番、ピアノ学習者は必ず通る第20番と第25番。初期の頂点をなす第8番『悲愴』。そして、ベートーヴェン中期の幕開けを告げる第21番『ワルトシュタイン』。

      • 新着
    • ノートルダム大聖堂に響く珠玉のフランス・オルガン音楽

      ノートルダム大聖堂に響くパイプ・オルガンの調べ。大聖堂付きオルガニスト、オリヴィエ・ラトリーの演奏で観るバッハ、リストとフランス・オルガン音楽の傑作。ラトリーの頭上からこの荘厳なゴシック建築の教会内を見下ろし、身廊と主祭壇の十字架を映し出す眺めはじつに壮麗。850年の歴史を誇るノートルダム大聖堂の知られざる魅力を伝える番組。

      • 新着
    • 第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール ウィナーズ・ガラ「シャルル・リシャール=アムラン」

      シャルル・リシャール=アムランは第17回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールで第2位、さらにソナタ賞も獲得したカナダのピアニスト。1989年7月17日カナダ・ラノディエール生まれの26歳。結果発表後に行われたウィナーズ・ガラの演奏曲目はソナタ賞獲得の『ピアノ・ソナタ第3番』。喜びにあふれた伸び伸びとした演奏の模様を放送。

      • 新着
    • ムターのモーツァルト『ヴァイオリン・ソナタ集』Vol.3

      2006年2月ミュンヘンのガスタイク・フィルハーモニーで、3夜にわたって行われた“ヴァイオリンの女王”アンネ=ゾフィー・ムターのリサイタル映像。モーツァルト生誕250年とアンネ=ゾフィー・ムターのコンサートデビュー30周年を記念した2006年「モーツァルト・プロジェクト」の一つ。16曲のヴァイオリン・ソナタをK(ケッヘル)番号順に一挙演奏。

    • クラシカ・音楽人<びと> 「もうヴェルディしか歌わない バリトン歌手レオ・ヌッチ」

      音楽に身も心も捧げる人間の本音にチャンネル独自の切り口で迫るインタビュー番組。今回は、75歳の今も歌い続ける世界的バリトン歌手、レオ・ヌッチが登場。なぜヴェルディしか歌わないのか。そこまで言わしめるヴェルディの魅力とは。なぜ日本が好きなのか。そして現役最後に歌いたいオペラとは。75歳でも元気に歌える秘訣から大切な家族の存在までを、熱く語る。

      • PC/スマホ・タブレット
    • バイエルン州立歌劇場1983『魔笛』

      モーツァルト最晩年の傑作『魔笛』。バイエルン州立歌劇場で長年愛され続けるエヴァーディング(1977-1982年バイエルン州立歌劇場の総裁)演出。今年3月5日に78歳で死去したバス歌手クルト・モル、1993年に54歳で亡くなった20世紀を代表するソプラノ、ルチア・ポップ、まだ30代半ばのエディタ・グルベローヴァなどによる名唱は必見。

    • イヴァン・フィッシャー&コンセルトヘボウ「ベートーヴェン交響曲全集」Vol.1

      ロイヤル・コンセルトヘボウ管の伝統と革新を見る。指揮はブダペスト祝祭管を世界のTop10オーケストラに育て上げたハンガリーのイヴァン・フィッシャー。左右に振り分けられた対向配置のヴァイオリンの掛け合いは、目と耳の両方で面白さ抜群。映像ならではの見どころも満載。アムステルダムの由緒あるコンセルトヘボウの、ホールの空気感と美しい音響も堪能。

    • クラシカ・音楽人<びと> 「ナクソス・レーベルを率いて30年 クラウス・ハイマン」

      音楽に身も心も捧げる人間の本音にチャンネル独自の切り口で迫るインタビュー番組。今回は、自ら創立したクラシック音楽レーベルを30年で世界的リーダーに育て上げたドイツ生まれの起業家クラウス・ハイマン(ナクソス・ミュージック・グループ会長)が登場。これまでの軌跡を辿りながら、彼がクラシック音楽界にもたらした革新的変化と、未来を見据えるビジョンを語る。

      • PC/スマホ・タブレット
    • クラシカ・音楽人<びと> 特別編「クリスティアン・ティーレマン ザルツブルク・イースター音楽祭とカラヤンを語る」(後編)

      音楽に身も心も捧げる人間の本音に、クラシカ・ジャパン独自の切り口で迫るインタビュー番組。6月と7月は特別編として、2017年に50周年を迎えたザルツブルク・イースター音楽祭芸術監督の指揮者クリスティアン・ティーレマンが登場。インタビューの実現自体が困難なティーレマンの貴重な映像。インタビュアーはオーストリアのジャーナリスト、バーバラ・レット。

      • PC/スマホ・タブレット

    チャンネル一覧に戻る

    ページトップへ

    J:COMオンデマンドの作品を検索

    詳細検索

    J:COMオンデマンドとは

    J:COM TV加入者ならお申し込み不要で楽しめるJ:COMオンデマンド。最新作・話題作が怒涛の約60,000本!

    • いつでも24時間見たいときにすぐ見られます。
    • 何度でも視聴可能時間内なら繰り返し見られます。
    • 返却不要もちろん延滞料金の心配もありません。

    たくさん見るならメガパック!

    アニメやドラマなど連続もの
を見るなら!メガパック月額933円(税抜)で5,000本以上の対象作品が見放題!

    スマホやタブレットで見るなら!

    オンデマンドを外に持ち出そう!チャンネルアプリも続々!J:COM TVスタンダードプラス/J:COM TVスタンダードご加入者限定で無料!

    • WATCHディズニー・チャンネル
    • WATCHディズニージュニア
    • GOLF NETWORK PLUS
    • FOX PLAY

    J:COMのTVサービスについて

    キャンペーン・お得な情報

    作品の表示設定

    R18作品を表示

    成人向け(アダルト)作品を表示