MY J:COM

確認・変更・お手続き

MY J:COMトップ > テレビ番組情報(J:COM) > J:COMオンデマンド > チャンネル!オンデマンド > クラシカ・ジャパン

クラシカ・ジャパン

日本唯一のクラシック音楽専門チャンネル。
ヨーロッパの最新公演を中心に、話題のコンサート、オペラ、バレエ、ドキュメンタリーを毎日24時間放送。
※ご視聴には、クラシカ・ジャパンへのご加入が必要です。

※スタンダード・スタンダードプラス加入者限定でご視聴いただけます。

該当する作品が16あります

16件中 1-16 件表示

  •  
    • ヤルヴィのシューマン『春』

      NHK交響楽団常任指揮者を務めるパーヴォ・ヤルヴィと手兵ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団のシューマン交響曲ツィクルスより第1番。会場は、ブレーメンではロックコンサートに使われるライブハウス「ピール2(PIER2)」。第1番『春』はシューマンがクララ・ヴィークと結婚した1840年の翌年、アドルフ・ベトガーの『春の詩』に刺激されて作曲された。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ヤルヴィのベートーヴェン『交響曲第1番』

      2009年に第11回を迎えたボンの「ベートーヴェン・フェスト」で最も話題を集めた、パーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団によるベートーヴェン交響曲全曲演奏会より。ベートーヴェンハレでの交響曲第1番のライブ映像。ベートーヴェン29歳頃の作品で、ハイドンやモーツァルトなどの影響からの脱却を試みていた時期の意欲作。

      • PC/スマホ・タブレット
    • プラハ国立バレエ2017『人魚姫』

      王子を殺すことができず、自らが泡となって消えていく、人魚姫の悲しくも美しい姿が切なく胸に迫る、チェコから世界に放つ舞踊の世界。王子に初めて会った人魚姫が、彼の着ていたシャツを胸に躍る恋心のいじらしさ、その2人の踊りから放たれるロマンティシズム、若者たちの?剌たる宴、真っ赤なドレスの魔女のいかにも邪悪そうな身体の動き等々、見どころが満載。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ラトル&ロンドン響2016「ハイドンの四季」

      ラトルが深い愛着と情熱を注ぐハイドン。ロンドン響と取り組んだ大作のオラトリオ『四季』の壮大にして清冽な演奏の模様を。ソリストと合唱もさすがの名唱!70歳直前のハイドンが19世紀に入った時期に完成。先に作られた『天地創造』に勝るとも劣らない傑作で、農夫、その娘と恋人の3人が登場し、ソロと合唱が季節折々での感情、そして神への感謝を歌い上げる。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ザルツブルク音楽祭2012「ダンス&カルテット」

      ザルツブルク音楽祭でデビュー後、毎年人気のハーゲン四重奏団が、チューリヒ・バレエ団と初コラボに挑戦。「手紙のないしょ」は、若いカップルのクールでエレガントな関係として演出。「スピルヴィルにて」では、チューリヒ・バレエ団のパワフルで完璧なテクニックが披露され、『死と乙女』は繊細で優雅、かつドラマティックな展開でプログラムを盛り上げる。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ユトレヒト古典音楽祭2017「ヴィヴァルディの日」

      古楽が盛んなオランダのなかでも、特に世界の古楽の中心地であるユトレヒトではユトレヒト古典音楽祭の一環としてミニ・フェスティバルも行われている。2017年1月にはヴィヴァルディを中心とした公演が開催された。番組に登場するのはファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテ、ヴァーツラフ・ルクス&コレギウム1704、そしてチェンバロのバンジャマン・アラール。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ローマ歌劇場バレエ2017『パラード/プルチネルラ』

      パブロ・ピカソが衣裳とキュビズム風舞台デザインを手掛けた、エリック・サティの『パラード』とイーゴル・ストラヴィンスキーの『プルチネルラ』。上演はピカソのイタリア訪問100周年を記念したもので、レオニード・マシーンの振付を含めて初演時の舞台を再現しているのみならず、古代ローマ・ポンペイ遺跡の中の野外大劇場で行われたという、とても貴重なもの。

      • PC/スマホ・タブレット
      • 新着
    • ウィーン国立歌劇場2014『利口な女狐の物語』

      親子鑑賞にも最適!チェコの作曲家ヤナーチェクが愛したモラヴィアの森を舞台に、メルヘンを通して語られる生命の永遠性。老巨匠シェンクが着ぐるみで直球勝負。ウィーン国立歌劇場でこの作品が上演されるのは、このプロダクションが初めて(2014年プレミエ)。1924年ブルノでの初演から、90年目にしてようやく、オペラの殿堂の新しいレパートリーに加わった。

      • PC/スマホ・タブレット
      • 新着
    • ペキネル姉妹&メータ『2台のピアノと打楽器のための協奏曲』

      老朽化に伴い、2011年12月、「フィレンツェ新歌劇場」が開場。その翌年に行なわれた「メータ・フェスティバル」から、ペキネル姉妹がズービン・メータとバルトーク『2台のピアノと打楽器のための協奏曲』を共演したコンサート。ピアノは打楽器的に扱われており、ペキネル姉妹のキレキレの演奏は実にエキサイティング。フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団も好サポート。

      • PC/スマホ・タブレット
      • 新着
    • キエフのカティア・ブニアティシヴィリ『展覧会の絵』

      クリミア危機に揺れるウクライナの首都キエフを訪れた人気女性ピアニスト、カティア・ブニアティシヴィリが、『展覧会の絵』を弾いたコンサートを中心にしたドキュメンタリー。キエフの中央軍用病院を訪問した様子や、ウォール・アーティストとの対話、2014年のウクライナの反政府デモのヒーローだった現キエフ市長へのインタビューなど、彼女の社会派の一面も描き出す。

      • PC/スマホ・タブレット
      • 新着
    • クラシカ・音楽人<びと>「熊川哲也 -バレエを創る-」

      アーティストの本音にチャンネル独自の切り口で迫るインタビュー番組。今回は、2019年に設立20周年のKバレエ カンパニーと開館30周年を迎えるBunkamuraオーチャードホールの両芸術監督を務める熊川哲也が登場。「カルミナ・ブラーナ」「マダム・バタフライ」はどのような舞台になるのか。新境地を切り開いてきた熊川にとって「振付」「音楽との関係」とは。

      • PC/スマホ・タブレット
      • 新着
    • ルートヴィヒスブルク国際音楽祭のペキネル姉妹

      シュトゥットガルトの北12キロほどに位置するルートヴィヒスブルク。1988年に開場したフォーラム・アム・シュロースパークで行われたイスタンブール出身の双子のピアノ・デュオ、ペキネル姉妹のコンサート。シューベルト、モーツァルト、ブラームス、ドビュッシーからプーランク、ルトスワフスキ、ミヨーまで。ピアノ・デュオの粋を鮮やかに魅せるペキネル姉妹の至芸。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ダニール・トリフォノフ「新しいショパンを弾く」

      人気ピアニストのトリフォノフがミハイル・プレトニョフ編曲による2曲の新しいショパン「ピアノ協奏曲」を初演したドルトムントでの注目のコンサート。まさに「鬼才」と呼ぶのにふさわしいきわめて個性的なトリフォノフの演奏。研ぎ澄まされた集中力から繰り出される柔軟で繊細なタッチ。一音一音に自分のできるすべてを注ぎ込むようにピアノに向かっている。

      • PC/スマホ・タブレット
    • ティーレマン&ウィーン・フィル『ベートーヴェン:交響曲第8番』

      ウィーン・フィルのベートーヴェン交響曲全集映像。第2楽章のリズムを刻むような主題が当時発明されたメトロノームからヒントを得たと言われる軽妙洒脱な佳曲。会場は音楽の殿堂として名高いウィーン・フィルの本拠地ムジークフェラインザール。ウィーン・フィル伝統の楽器配置、柔らかな弦の響き、ドイツ伝統の構築性と現代性を兼ね備えた、まさに決定版の映像といえる。

      • PC/スマホ・タブレット
    • クラシカ・音楽人<びと>「指揮者アンドレア・バッティストーニ -僕が見据える新しい世界-」

      音楽に身も心も捧げるアーティストの本音にチャンネル独自の切り口で迫るインタビュー番組。今回は、大晦日の「東急ジルヴェスターコンサート」のカウントダウン演奏が、お茶の間の話題となったバッティストーニ。1987年ヴェローナ生まれ。現在東京フィル首席指揮者の若きマエストロが語る、クラシック音楽ファンの若者の開拓と、その視線の先に見える展望と新たな挑戦。

      • PC/スマホ・タブレット
    • クラシカ・音楽人<びと>「メゾ・ソプラノ歌手 藤村実穂子 -声は神様からの贈りもの」

      音楽に身も心も捧げるアーティストの本音にチャンネル独自の切り口で迫るインタビュー番組。今回は、世界各地で引く手あまたの活躍をしているメゾ・ソプラノ歌手、藤村実穂子さんが登場。自分の声は神様からの贈りものだから、歌うという神様からの宿題に責任をもって答えたいと語る彼女の姿は、世界を知るアーティストならではの強靭な精神と謙虚な心にあふれている。

      • PC/スマホ・タブレット

    チャンネル一覧に戻る

    ページトップへ

    J:COMオンデマンドの作品を検索

    詳細検索

    J:COMオンデマンドとは

    J:COM TV加入者ならお申し込み不要で楽しめるJ:COMオンデマンド。最新作・話題作が怒涛の約70,000本!

    • いつでも24時間見たいときにすぐ見られます。
    • 何度でも視聴可能時間内なら繰り返し見られます。
    • 返却不要もちろん延滞料金の心配もありません。

    たくさん見るならメガパック!

    アニメやドラマなど連続もの
を見るなら!メガパック月額933円(税抜)で約8,000本の対象作品が見放題!

    スマホやタブレットで見るなら!

    オンデマンドを外に持ち出そう!チャンネルアプリも続々!J:COM TVスタンダードプラス/J:COM TVスタンダードご加入者限定で無料!

    • WATCHディズニー・チャンネル
    • WATCHディズニージュニア
    • GOLF NETWORK PLUS
    • FOX PLAY

    J:COMのTVサービスについて

    キャンペーン・お得な情報

    作品の表示設定

    R18作品を表示

    成人向け(アダルト)作品を表示