MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • テレビドラマ
  • アニメ・キッズ・特撮
  • 映画(洋画)
  • 映画(邦画)
  • エンタメ・ホビー
  • 娯楽・スポーツ
  • アイドル・エロス

MY J:COMトップ > テレビ番組情報(J:COM) > J:COMオンデマンド > メガパック > アニメ・キッズ・特撮 > SF・ファンタジー > DEATH NOTE -デスノート-

DEATH NOTE -デスノート-

該当する作品が39あります

39件中 1-39 件表示

  • DEATH NOTE -デスノート- 第01話

    STORY.01 「新生」/「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という力を持つ、死神が落とした恐るべき“デスノート”。ノートを拾い、世の中の犯罪者たちを抹殺して理想的な新世界を築こうとする高校生・夜神月と、彼の行為を止めるべく捜査に乗り出す謎の名探偵・L。一冊のノートから始まる天才vs天才の壮絶な頭脳戦が繰り広げられる…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第02話

    STORY.02 「対決」/世の中を悪のない理想の世界に変えるとため…と、ライトは、ノートに名前を書き続けるのをやめなかった。そんな中、世界中の犯罪者が急死するという事態に異常を察知したICPO<国際刑事警察機構>は、直ちに各国代表を集め緊急会議を開始した。手掛かりのない大量殺人事件に各国代表たちの焦りが強まる中、出てきたのが『エル』の名前だった。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第03話

    STORY.03 「取引」/総一郎を中心とする捜査陣が情報の分析を進める中、エルは、キラが自分なりの正義感を抱いた学生の可能性がある、と言い出した。徹夜続きの総一郎は、エルから犠牲者の日本での報道のされ方をさらに詳しく調べるよう求められ、部下たちの尻を叩く。一方、ライトは、警察の動きを知ったリュークの心配をよそに余裕の表情を見せていた。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第04話

    STORY.04 「追跡」/何としても尾行者の名前を掴んで抹殺したいライトは、手始めにデスノートの魔力を把握しようと計画。刑務所内の受刑者6人に様々な条件を付けて殺害したライトは、総一郎のパソコン情報から、ターゲットの死の直前の行動も操れることを確認した。そして、その魔力を計算に入れて、行動を開始した。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第05話

    STORY.05 「駆引」/FBIの捜査官であった尾行者・レイの名前を知り、すぐにでもその命を狙える立場になったライト。だが、すぐコトを起こせば自分が疑われると考えたライトは、レイを殺害するタイミングをずらした。まもなく、顔を見せないようにレイに接近したライトは、デスノートの切れ端に、日本に潜入したFBI捜査官全12人の名前をレイ自身に書かせた。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第06話

    STORY.06 「綻び」/総一郎ら5人の捜査官をホテルの一室に招き入れたエルは、キラの思考回路について説明した後、日本に潜入したFBI捜査官のことに的を絞って話を始めた。エルは、様々な推理を積み重ねた結果、FBIが調査していた人物の中にキラがいたと考えて間違いない、というのだ。総一郎らは、エルの推理に舌を巻きながら、さっそく捜査に乗り出した。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第07話

    STORY.07 「曇天」/女の持っている情報が捜査本部に伝わることを恐れたライトは口封じの為、直ちにデスノートに女の名前を書くが、40秒経っても女には何も起こらない。このことからライトは、女の名乗った名前が偽名だということに気付く。何としてでも女の本名を得たいライトだが、女は直ぐにでも捜査本部に行きキラの情報を話したいという。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第08話

    STORY.08 「目線」/日本に潜入していたFBI捜査官の死の直前の情報を分析したエルが注目したのは、駅構内の監視カメラが捉えていたレイ=ペンバーの死のシーンであった。レイが改札とホームで手にしていた封筒が、死亡した際には見当たらず、遺留品リストにもない。絶命寸前のレイが必死に走り去る電車の中を見ようとしていることからエルは…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第09話

    STORY.09 「接触」/夜神家・北村家に監視カメラと盗聴器を仕掛けた後も、キラによる殺人は絶えず行われていることから、Lは両家のカメラを取り外すことを捜査本部へ発表した。しかし、レイ=ペンバーが調べていた者の中の誰かがキラであることへの疑いを捨てきれないLは、両家の中で完璧すぎる月に引っ掛かりを感じ、自ら捜査に乗り出すことを決意する…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第10話

    STORY.10 「疑惑」/負けず嫌いなキラならば必ず“勝ち”にくる…。月がキラである可能性が高いことから自ら月の大学に入学したLは、親睦を深める為にと月へテニスの勝負を挑む。月のプレイスタイルで性格を分析し、反応でキラとの関連性を推測するが、実はLの提案したテニスの本当の目的は、別にあった。月の動向を深く探りたいLの本当の目的は…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第11話

    STORY.11 「突入」/さくらTVが“キラ”だと名乗る者から送付されたビデオテープを、指定された日時に放映した途端、キラが予告した人物が生放送中に次々と死んで行く。キラの裁きのターゲットは、“キラ”を否定するキラ否定派のコメンテイターやメインキャスターであった。この様子を見て愕然としたLは、キラのメッセージが世界の人々に放送されることを恐れ…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第12話

    STORY.12 「恋心」/警察がキラに協力しない意思を発表したことから、指揮を執っているLの命を奪うとキラから宣告された翌日…。第二のキラの可能性を伏せながら月に捜査協力をしてもらうことを決意したLは、今までのキラ事件の捜査状況と、第二のキラと思われる人物から送られてきたビデオテープを観てもらい、月がどのように判断するかみてみたいと告げる。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第13話

    STORY.13 「告白」/Lより早く第二のキラを捕まえたいと考えていたところ、さくらTV宛に第二のキラから一枚の日記が届く。日記には、互いのノートを見せ合おうという本物のキラにしか分からない暗号が隠されていた。メッセージの真意に気付いた月は、この内容がLに悟られぬよう、あくまでも捜査の一環と見せ掛けながら、青山で第二のキラとの接触を試みる。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第14話

    STORY.14 「友達」/家まで押しかけてきた海砂に死神を見せてくれとせがまれた月は、信用させる為にはやむを得ないと自分のデスノートに触れさせ、海砂にリュークの姿を見せる。海砂にLの名前を見せ、本部もろとも消す計画を立てた月は、自分がキラだということを知る唯一の人間も長く生かしておくことは出来ないと、Lの死後、彼女を始末する決意を固める。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第15話

    STORY.15 「賭け」/Lの居場所に連れていけば直ぐにでもLを殺すというレムに、月はLを始末する日時と殺し方をよく考えた上で、改めて明日にでも返事をすると約束する。月は電話の会話を警察に聞かれぬよう、連絡手段として海砂が所有する複数の携帯の一つを借り、海砂とレムは月の家を後にした。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第16話

    STORY.16 「決断」/海砂がデスノートの所有権を放棄したことで、二冊のデスノートの所有者になった月は、海砂が持っていたノートの所有権を放棄し再びレムに返却をする。そして月は次に自分が「捨てる」と口にした時、文脈に拘らず“ノートの所有権を放棄”するという意味でとらえるようリュークに告げる。一方、デスノートに関する記憶を失った海砂が目を覚まし…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第17話

    STORY.17 「執行」/監禁50日目…キラが犯罪者の裁きを開始してから一ヶ月以上が経過しても、一向に月と海砂の監禁を解く様子のないLに苛立ちを感じ始めた相沢は、キラ=月という推理が外れたことを認めたくないから監禁を解かないのではないかとLを問い詰める。他に疑う者がいないことから月に固執していたLは…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第18話

    STORY.18 「仲間」/捜査本部が、Lの建設したビルへと移動してから数日後…。月=キラだと断定していたLは、月と海砂を監禁した時の2人の様子からキラの力は人を渡っていくかもしれないと推理するが、キラが誰かを操り犯罪者を殺し、操られた者が捕まると能力を他の者に移し、記憶は抹消されるとするならば、本物のキラは捕まえられないかもしれないと気を落とす。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第19話

    STORY.19 「松田」/海砂のマネージャーとして海砂と共にドラマのロケ地に訪れた松田は、その付近に立つビルの一つが、捜査本部が目を付けている「ヨツバグループ東京本社」であることに気付く。以前から捜査本部で自分だけが目立った活躍をしていないことを気にかけていた松田は、ここで手柄を立てようと、ヨツバ社内へと侵入する。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第20話

    STORY.20 「姑息」/ヨツバグループにとって邪魔な人間の誰を・いつ、キラに殺してもらうかを決定する為の会議の盗聴に成功した捜査本部は、人の命を簡単に扱うヨツバ幹部の冷酷さに唖然とする。こちらで作成したLについての報告書をコイルから受け取った幹部は、肝心なLの顔や名前が載っていないことに不服を感じるが…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第21話

    STORY.21 「活躍」/海砂を囮にキラの特定を考えたLは、コイル(アイバー)からヨツバに「弥海砂はLを知っているかもしれない。弥をヨツバのCMに起用し、Lについて聞き出す事を奨める」と報告をさせる。Lの計算通り報告書に食いついたヨツバ は、Lを探すのはコイルの仕事でもあると、コイルをヨツバ社員として迎え、海砂をイメージガールに起用したいと…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第22話

    STORY.22 「誘導」/Lは、もしも火口がキラの能力を持っているのならば、誰にも告げずに裁きを止め、力を持っていないのならば会議を開き、「第二のキラを引き込む為に裁きを止めろ」と指示をするはず。だが…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第23話

    STORY.23 「狂騒」/計画通りに誘い出された火口は松田を始末する為、海砂の事務所へと侵入し、引き出しから松田の履歴書に記された名前をデスノートに書き込み、履歴書を元に位置に戻した後、直ぐさま事務所を後にする。Lと月は、わざわざ履歴書を元の位置に戻したこと、松田の名前をメモした途端に冷静さを取り戻した火口の行動に疑問を感じる。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第24話

    STORY.24 「復活」/身柄を拘束され、殺しの手段を訊ねられた火口は、デスノートの存在とルールを明かす。半信半疑でノートを手にした総一郎と模木は、デスノートに憑いている死神・レムを目にする。ノートに触れた者だけが死神の存在を確認出来ることに気付いたLもデスノートへ手を伸ばす。同様に死神を目の当たりにしたLは…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第25話

    STORY.25 「沈黙」/月の為なら死をも厭わない性格を利用され、月の命令でヨツバキラ死亡後に裁きを再開する海砂。月は、解放された途端に裁きが再開されたことで、再び海砂が疑われる状況を意図的に作り出す。このままではLに再逮捕され、それを防ぐには自分がLを殺すしかない事を気付かされるレムは…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第26話

    STORY.26 「再生」/L死亡後…。Lの設立した捜査本部のシステムを持ち出していた月は、Lがこれまでキラ事件に関して調べてきた調査報告書を発見する。あと一歩でキラ事件の真相に辿り着くLの推理力と行動力に、月は改めて息を呑む。世界の警察を動かせる唯一の人間であるLが居なくなった今、捜査を続ける為にはLの死を隠すしかない。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第27話

    STORY.27 「誘拐」/キラ事件に関する総一郎らの捜査が行き詰まった頃、アメリカにある施設では、Lの後継者であるニアとメロという2人の少年が、その後継者として名乗りを上げていた。責任者のロジャーは、2人が力を合わせるよう説得するが、気に入らないメロは、施設を飛び出してしまった。何としても、デスノートを手に入れたいニアは…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第28話

    STORY.28 「焦燥」/“エヌ”を名乗るニアとLになりきる月は、お互いの正体が分からないまま電話で接触した。警察庁長官の殺害を知るニアに、月は粧裕が何者かに誘拐されデスノートとの交換を要求されていることを明かす。日本の警察が犯人側とロスで取り引きすると知ったニアは、口では協力を約束したが…。粧裕の殺害も念頭に置いてロスに先に乗り込んだ月は…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第29話

    STORY.29 「父親」/デスノートを奪われた日本の警察は、その犯人捜しに躍起になっていた。アメリカのSPKを指揮しているNと、犯人グループの関係は何なのか。捜査員がワイズミーハウスを調べると、それが養護施設に名を借りた第2のLを育てるための場所であり、Nはそこのトップにいたニアという少年。“メロ”とライバルであることが発覚した。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第30話

    STORY.30 「正義」/ニアが二代目エルこそキラではないかという疑いを強める中、日本国内での犯罪件数が激減したことから、マスコミの多くは“キラこそ正義だ”というキャンペーンを始めた。また、アメリカでも、マスコミの様々な意見が飛び交う中、大統領が、キラを正義とは認めないが、キラを捕まえる行動は取らないと宣言する。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第31話

    STORY.31 「移譲」/キラを信奉するテレビキャスター・出目川の扇動で動く暴徒に取り囲まれたSPK本部。中から外の状況を監視し逃げ場がないと見たニアは、驚きの脱出策を実行に移した。SPK本部のビル上階から、暴徒たちの上に何千枚もの100ドル札を撒いたのだ。これに気付いた暴徒たちは、襲撃のことなど忘れ、我先に札を奪い合う。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第32話

    STORY.32 「選択」/月がデスノートを渡した魅上照は、正義感のかたまりのような男。正義のためなら、自分の唯一の味方で、女手一つで育ててくれた母親でさえも許さない。世の中は、その存在自体が悪である人間と、そうではない人間に分けられると考えるに至った魅上は、悪人を裁ける立場の検事になった。悪を削除するキラの出現は…。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第33話

    STORY.33 「嘲笑」/キラを倒すため部下のレスターらと共に来日したニアは、月に挑戦状を叩きつけると同時に、現状を整理した。ニアは、キラに関係している人物が3人いると推測している。それは、キラでありながらLを名乗っている夜神月、デスノートを所有し使用している人物“Xキラ”、そして、この2人の伝達役になっているNHNのアナウンサー・高田清美だ。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第34話

    STORY.34 「虎視」/魅上がデスノートを持っているとの情報を部下のジェバンニから受けたニアは、憑いているかもしれない死神に注意を促すと共に、さらなる調査を命令。その後、魅上が休憩時に呟いた言葉を読唇術で解析することに成功したニアたちは、魅上の『あの死神ノートを渡したきり現れやしない』との発言から魅上には死神が憑いていないことを断定する。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第35話

    STORY.35 「殺意」/ニアがジェバンニに指示して魅上の持つデスノートにある工作をした。まもなく、月はニアから会見を申し込まれた。これが、最後の対決になると予想している月。一方、ニアもこれで全てが解決すると思っていた。さらにニアは、この会見にある条件を出した。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第36話

    STORY.36 「1.28」/高田の死を知った各テレビ局のキャスターたちが次々とキラ代弁者への立候補を宣言する中、月は、ニアと面会時間の確認を行った。月もニアも勝利を確信している決戦の日は、明後日、28日の午後1時。相沢らは、その日、自分たち全員が殺されるかもしれないとあって緊張を隠せない。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- 第37話(最終話)

    STORY.37 「新世界」/魅上が、倉庫内にいる人物の名前をデスノートに記入してから一分が経過…。誰も死なないことを確認したニアは、レスター、ジェバンニらに命じて魅上の逮捕を指示。魅上からデスノートを押収したニアは、その中で唯一名前が書かれていなかった人物、「夜神月」をキラであると断定する。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- リライト -幻視する神-

    リライト -幻視する神-/2007年8月に金曜特別ロードショー枠で放送。ただのアニメシリーズ総集編ではなく「リューク」視点で夜神月とLとの頭脳戦を中心に再構成されたディレクターズカット完全決着版。新たに追加したシーン、それに伴う再アフレコなど見所満載!

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着
  • DEATH NOTE -デスノート- リライト2 -Lを継ぐ者-

    リライト2 -Lを継ぐ者-/2008年8月22日に金曜特別ロードショーで放送。「DEATH NOTE リライト」の続編。Lの死後、夜神月 vs Lの後継者ニアとメロの対決を中心に、新作カット及びオリジナルシーンを追加し、再構成した完結編。

    • PC/スマホ・タブレット
    • シリーズ
    • 新着

ページトップへ

J:COMオンデマンドの作品を検索

詳細検索

J:COMオンデマンドとは

J:COM TV加入者ならお申し込み不要で楽しめるJ:COMオンデマンド。最新作・話題作が怒涛の約70,000本!

  • いつでも24時間見たいときにすぐ見られます。
  • 何度でも視聴可能時間内なら繰り返し見られます。
  • 返却不要もちろん延滞料金の心配もありません。

たくさん見るならメガパック!

アニメやドラマなど連続もの
を見るなら!メガパック月額933円(税抜)で5,000本以上の対象作品が見放題!

スマホやタブレットで見るなら!

オンデマンドを外に持ち出そう!チャンネルアプリも続々!J:COM TVスタンダードプラス/J:COM TVスタンダードご加入者限定で無料!

  • WATCHディズニー・チャンネル
  • WATCHディズニージュニア
  • GOLF NETWORK PLUS
  • FOX PLAY

J:COMのTVサービスについて

キャンペーン・お得な情報

作品の表示設定

R18作品を表示

成人向け(アダルト)作品を表示